• 採用情報
    函館新聞社

(荒井三津子さん・暮らしのパレット)「新しい時代」

 ついにこんな日が来たかと仰天した。東京のホテルでのことである。チェックインのカウンターで水の販売機の場所を聞いたところ、連絡をもらえばロボットが届けるという。フロントの横にふた付きのごみ箱状の物体。それが「ハリー」と言う名のロボットで、水、ビール、毛布などを中に入れて運ぶというのだ。
 今はヒマだから部屋まで案内させるとのこと。9階の部屋までロボットが案内? 半信半疑で待っていると、ハリーは動き出した。エレベーターでは先に乗っていた人たちを驚かせ、みんなを笑顔にした。長い廊下をひたすら先導し、部屋の前で止まった。その途端、室内で電話が鳴った。鍵を開け慌てて電話に出ると「ハリーです。到着しました」との声。外で待っているハリーの上面の画面には「荷物を受け取ってください」とある。水を取り出すと画面は「私の配達はいかがですか」に変わった。星5つを押すと「やったあ!」と喜び、「ありがとうございます。またのご利用をお待ちしております」と完璧な対応。
 写真は仕事を終えて帰っていくハリーの後ろ姿である。予期せぬ経験に少なからず感動した。そして同時に新しい時代の扉を開けたような気にもなった。10年後なくなる職業ランキングを先日見たばかりだが、人工知能とロボットの時代が一気に現実味をおびてきた。言い換えれば人間の時代はこれからが勝負である。人間にしかできないことはたくさんある。と言いつつ少し考え込んでしまった。情けない。(生活デザイナー)

      暮らしのパレット

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医11月18日付け
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月17日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会