• 採用情報
    函館新聞社

(荒井三津子さん・暮らしのパレット)「春の食卓」

 久しぶりにおもてなしの講座を開いた。おもてなしの食卓にはアレンジしたお花を飾ることが多い。見栄えの良いアレンジメントとなると安くはない。料理よりずっと高いということもある。たまにはそれも良いが、普段は難しい。
 そこで今回は写真のような食卓を提案した。カモミールのように見えるのはマトリカリアという菊の仲間で、今の季節は手軽にお花屋さんで買える。パンジーやムスカリ、オダマキなど庭に花が咲けばそれを使いたい。あとは鉢で育てたローズゼラニウムと大量に買ったパセリ、冷蔵庫にあった料理用のローズマリー。ガラスの器に入れて並べると食卓は、さながら小さなハーブ園のようになった。
 この食卓で注目を集めたのは豆苗だった。すぐに価格が高騰する野菜の中でも豆苗は庶民の味方。大きな束なのに安定した価格を維持している。しかも根付きなので刈り取ったあとも二毛作、三毛作と収穫できるのもうれしい。わが家でも切らすことはない。今回はその豆苗を食卓の主役にしてみた。根のままガラスの器に入れると日差しのある方に茎の向きを変え、少しずつ伸びて実にかわいい。食卓で見ると薄い緑色が新鮮で豆苗だと気付かない人も多かった。
 豆苗はエンドウの若い茎である。今は植物工場で安定的に生産されるが、かつては高級食材だった。免疫力向上、老化防止、抗酸化作用など栄養効果満載の豆苗は、食卓に飾ってもその魅力は満点だった。(生活デザイナー)

      暮らしのパレット

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医11月18日付け
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月17日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会