(荒井三津子さん・暮らしのパレット)「大人の仕事」

 9月9日は「重陽の節句」だった。なかなか定着しない節句なので毎年意地になって祝っている。ひな人形、兜(かぶと)、笹の葉と短冊など、他の節句には象徴的な装飾品や物語性があるが、重陽の節句はそれが乏(とぼ)しい。
 だが、「上巳の節句(ひな祭り)」が「桃の節句」であるように重陽の節句は「菊の節句」。お花屋さんやお菓子屋さんには菊の花のPRと菊花型のお菓子作りをもっと頑張っていただきたいと毎年思う。今年は写真のように似たサイズの小菊を5種類集めて生けてみた。
 すると、若い人たちから「どうして菊だけなんですか」と質問。菊の節句だからだと言うと初めて聞いたとのこと。長寿祈願の節句だと伝えると「菊を買って帰ろう」「家族に菊の花の酢の物を作ろう」などうれしい反応があった。世の中は「知らない」ことだらけである。そんな中、知って良かった、と思うことをどれだけ知らせるか、それが教育なのだと今しみじみ思う。「へー」とか「え?そうなの?」と若い人にどれだけ言わせるか、それこそが大人の大切な仕事なのだと思う。
 この夏休み、中学2年生の女の子がわが家に滞在していた。ちょうどその時、結婚祝と友人の会社の創立記念のご祝儀を包む機会が重なった。さて熨斗(のし)は結びきりか、蝶結びか、彼女に考えてもらった。どちらでも良くないことに、まず彼女は驚いていた。
 家庭で教えるべきこと、大人が伝えるべきことはたくさんある。伝えるためには大人自身が丁寧に暮らさなければならない。考えることの多い初秋である。(生活デザイナー)

      暮らしのパレット

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月26日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会