函館新聞電子版

しかべ間歇泉公園、来場者10万人を突破

 【鹿部】道の駅「しかべ間歇泉(かんけつせん)公園」の来場者数が27日、10万人を達成した。3月18日のオープンから2カ月強での到達に、川村茂町長は「(道の駅を)予想以上に利用していただいている。このペースで20、30万人と来てもらいたい」と期待を寄せる。
 開業6日後に1万人を達成して以降、大型連休で拍車がかかり、今月2日には5万人を突破。同駅の人気は衰えるどころかさらに熱を帯び、連日多くの人でにぎわっている。
 節目の10万人目となったのは、旭川市の小川満さんと静枝さん(66)夫妻で、午後1時20分ごろに来場。川村町長からタラコやホタテなど、1万円分の特産品を詰め合わせた記念品の目録が手渡された。2人は「道の駅巡りが好きで、木古内(みそぎの郷きこない)にも寄ってきた。恵山を経由して来たが、美しい景色が見れ、鹿部でプレゼントもいただけてとてもうれしい」と話していた。
 川村町長は「温泉を核とした道の駅を観光に生かし、さらなる魅力向上に努めていく」と意気込んだ。(野口賢清)

      観光











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      東京2020 オリンピック【速報】

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト