道の駅なないろ・ななえ、開業4カ月で50万人突破

 【七飯】道の駅「なないろ・ななえ」(町峠下)の来場者数が20日、50万人を突破した。3月23日の開業から約4カ月での達成。夏休みを控え、さらに集客に拍車がかかりそうだ。
 同道の駅は開業後2週間の4月7日に10万人を達成。大型連休期間中には、最も多い日で1日9000人が訪れた。ここ1カ月の平均来場者数は平日2500~3000人、週末で4000人ほど。50万人達成は「想定の倍のペース」(石川智支配人)だといい、年間目標の90万人を上回るペースで推移している。
 50万人目となったのは、厚沢部町の会社員、高野健二さん(34)。妻の真実さん(29)、娘の愛(いと)ちゃん(6カ月)と初めて訪れた。健二さんは「ガラナソフトを食べてみたくて来たら50万人目と聞いてびっくり」と笑顔。同道の駅と、向かいにある北海道昆布館から提供された昆布製品や菓子、野菜、ソフトクリームの無料券など、町の特産品の詰め合わせを受け取った。
 中宮町長は「『日本一の道の駅』に少しずつ近付いている。秋の感謝祭などイベントを開きながら盛り上げていきたい」と話していた。(稲船優香)

      観光

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月20日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会