知内町で給食にホウレンソウ無償提供

 【知内】町ほうれん草生産組合(森永彰組合長、38戸)は13日、町重内の野菜集荷場で、町給食センターに町産ホウレンソウ12キロを無償で提供した。提供されたホウレンソウは翌日、ソテー380食に調理され、町内の幼稚園と小、中学校計5カ所の園児、児童、生徒、職員らが味わった。
 この日は、橋本祐一副組合長(32)が「おいしいホウレンソウを味わって」と新鮮なホウレンソウを本間茂裕教育長に手渡した。本間教育長は「栄養価の高いホウレンソウを毎年ありがとうございます」と礼を述べ、「子どもたちにもふるさとや地域を愛する心を育ててほしい」と話した。
 ホウレンソウの無償提供は、地産地消の取り組みの一環として行われ、秋まで数回続ける予定。町ニラ生産組合からも町特産のニラの無償提供が行われている。(神部 造)

      一次産業

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月20日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会