イカ漁、今年も低水準 有識者ら資源予測

 道南スルメイカ漁の6月1日解禁を前に、有識者らがイカに関するさまざまな情報を提供する「イカ資源評価と予測に関する講演会」(函館国際水産・海洋都市推進機構など主催)が30日、函館市国際水産・海洋総合研究センターで開かれた。今期の資源予測について、急激な資源回復は見込めず、昨シーズンと同様に水揚げは低水準となる可能性が示された。
 漁業関係者ら約220人が参加。有識者5人がイカの資源予測などについて講演した。このうち函館頭足類科学研究所の桜井泰憲所長の講演では、スルメイカを含んだ回遊資源の動向を紹介した。
 過去4年間の1月におけるスルメイカの推定産卵場を比較すると、「2018年は産卵場の縮小が顕著だ」と警鐘を鳴らしながら、10年以降にみられるスルメイカやマアジなどの漁獲減は「1977、78年にみられた魚種交替に類似している」と説明。「2016、17年の2、3月の東シナ海の海水温低下が産卵場を縮小させ、スルメイカの冬生まれ群の漁獲減につながった」と語った。
 さらに、「過去3年間に親イカの資源尾数が3分の1にまで激減していることからみても、今期中に漁獲が急激に回復する可能性は少ない」との見方を示し、「親イカ資源の保護管理策の検討が必要かもしれない」と提言した。
 講演後の総合討論では、桜井所長らが会場から寄せられた質問に答えた。「温度変化に耐えられるような、品種改良したイカは生み出せないのか」といった質問に対し、桜井所長は「イカ類ではとても難しく、現状はイカにとっての適水温を見つけることが重要だ」と述べた。(野口賢清)

      一次産業

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月21日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会