道南秋サケ漁、前年同期並みで推移

 渡島海区漁業調整委員会がまとめた20日現在の道南秋サケ漁の漁獲量は、定置網と混獲を合わせて前年同期比2・2%減の48万7233匹、噴火湾の合計は同11・6%減の25万5485匹と多少落ち込んだものの、全道的に太平洋側秋サケ漁が苦戦している中、道南地域の各漁協は前年同期並みを維持している。
 道南の内訳をみると「南太平洋」(鹿部、南かやべ、えさん)が同4・4%減の20万7951匹、「海峡東部」(えさん、戸井、銭亀沢、函館市)が同27・8%減の11万3805匹と前年同期を下回った一方、「海峡西部」(上磯郡、福島吉岡、松前さくら)は上磯郡が同34・9%増の16万5436匹で、前年同期と比べ好調。同部の合計も同34・6%増の16万5477匹と、前年同期を上回った。
 「噴火湾」(長万部、八雲町、落部、森、砂原)は、落部が同68・6%増の2万1796匹、森が同21・2%増の5万4112匹で、好調に推移している。同委は「渡島管内の秋サケ漁は11月いっぱいが最盛期ではあるものの、このままいけば前年並みを維持できるのでは」としている。
 また、道連合海区漁業調整委員会がまとめた「えりも以西」(日高、胆振、噴火湾、道南)の合計は同24・1%減の230万27匹、オホーツクと根室、えりも以東・以西、日本海の総計は同32・7%減の1561万3982匹と低迷が続いている。(野口賢清)

      一次産業

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月26日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会