• 12月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社

本格的な降雪前に ササラ電車試運転

 本格的な降雪シーズンを前に、函館市企業局交通部は13日、除雪用車両「ササラ電車」の試運転を行った。雪をはらう竹製のブラシの回転具合などを点検し、出動に向け準備を整えた。
 函館市電のササラ電車は、明治時代に客車として製造したものを、1937(昭和12)年に除雪用として改造。車体の前後には竹を細く割った束(ササラ)を約900束取り付け、高速回転させて軌道上の雪を取り除く。
 現在は2両体制で、2018年度は計18回の出動があり、走行距離は約434キロだった。この日は、駒場車庫で整備担当者が車両点検後、五稜郭公園前までの往復約5キロを実走行し異常がないことを確認した。
 今冬からササラ電車の運行に携わる同部施設課技師の谷上洋佑さん(24)は「先輩たちの技術を引き継ぎ、安全・迅速な作業を徹底したい」と話した。(小杉貴洋)

      政治・行政

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      12月10日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト