• 第22回函新杯
    アイスホッケー大会
  • 特集
    棒二さん思い出の品
  • 採用情報
    函館新聞社

きれいになって戻るよ 修繕に向け市電搬出

 函館市企業局交通部は12日、老朽化に伴う修繕のため市電車両2両を駒場車庫の敷地内から搬出する作業を行った。京王重機整備(東京)に運び、内外装とも〝リフレッシュ〟して来年3月下旬、函館へ戻る。
 同部によると、年間2両ペースで老朽化した車両の修繕を進めており、今年度は2両含めて3両目。2002号(1994年製造)と3004号(96年製造)の2両で、改良費は7650万円、4850万円。床下修繕のため骨格だけになるのに合わせ、窓ガラスの張り替え、内側の化粧板の取り換え、座席の交換、行き先表示器にLEDの取り付け、ヘッドライトのLED化なども施す。
 この日は大型クレーンで車両をつり上げ、トレーラーの荷台に積み込んだ。台車を外した車両重量は10トン弱あり、慎重に作業を進めた。陸路で苫小牧港まで運び、船便で大洗港(茨城県)へ輸送する。
 同部施設課の廣瀬弘司課長は「路線バスだと廃車になる年数だが、市電はトータルコストを考えると、長く使う必要がある。来年3月には見た目は新車同様なので、多くの人に利用してほしい」と話していた。(山崎大和)

      政治・行政

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      Moora