市営競輪売り上げ122億円 累積収支500万円黒字

 函館市競輪運営協議会(会長・今井敏博函館大教授)は10日、函館競輪場で今年度第1回会合を開いた。市競輪事業部は今年度の市営函館競輪の売り上げ状況について、35日開催時点で前年度比10・9%増の122億896万円だったことを明らかにした。GIII(記念競輪)をナイター化して2回開催したことが奏功。また、2017年度決算で502万円の黒字を報告した。累積収支が黒字となったのは04年度以来13年ぶり。
 GIIIは、6月にナイターで4日開催した函館記念が同23・9%減の37億9843万円。ナイターは車券を扱う競輪場の数が少ないため、通常の昼開催に比べると売り上げが落ち込むという。損失補てん分として4月に特別開催した函館ナイター競輪20周年記念「スターライトクラウン」(4日)は32億83万円を売り上げ、純増となった。2つの記念競輪で計70億円となり、17年度に昼開催した函館記念(50億円)を20億円上回った。
 一方、普通競輪(FI・II)=27日開催=は同13・5%減の52億969万円で、他場開催との競合が増えたことが売上減の要因とみている。
 売り上げ122億円の内訳は、本場・サテライトが同5・3%増の2億513万円、電話投票が同15・2%増の34億8786万円、重勝式投票が同78・6%増の2555万円、臨時場外が同9・2%増の84億9041万円となっている。
 函館競輪は今年度、昨年度より1日多い50日開催の計画。9月は3、4、5日に開催したが、胆振東部地震の影響で9、10、11日は中止した。電力需給の逼迫(ひっぱく)を考慮し、21、22、23日開催の可否を検討する。10月は7、8、9、16、17、18日の6日開催を予定している。(山崎大和)

      政治・行政

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月23日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会