• 採用情報
    函館新聞社

災害時の燃料供給などで協定 厚沢部町と函館石油業組合

 【厚沢部】函館地方石油業協同組合(渡辺宏海理事長)と町は1日、災害時の石油類燃料の供給などに関する協定を締結した。
 協定では、地震や風水害などの大規模災害発生時に避難所や医療機関、町の緊急車両に優先的に燃料を供給し、住民生活の早期安定を目指す。その際に組合員の町内2カ所のガソリンスタンドで、帰宅困難者や観光客らの一時休憩所としてトイレを貸し出し、避難所などの情報提供も行うこととしている。
 同組合は渡島、桧山管内で組合員数92社、給油所は126カ所(3月末時点)あり、両管内の各自治体と同様の協定を結んでいる。
 同日、町役場で協定の調印式が行われ、渡辺理事長と渋田正己町長がそれぞれ協定書に署名した。渡辺理事長は「ガソリンスタンドの減少は地域防災力の低下につながりかねないと危惧している。協定締結は町民の安全安心を進めるうえで大変意義がある」とあいさつ。渋田町長は「大規模災害発生時は緊急車両による被災者の救助、援助活動の迅速な実施やライフラインの確保などが大変重要な課題。協定により協力体制が確保されたことは非常に心強く、町の防災力向上に大きく寄与される」と謝辞を述べた。(蝦名達也)

      政治・行政

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会