函館新聞電子版

電飾ツリーに人だかり クリファン開幕25日まで

 函館の冬を盛り上げる一大イベント「2021はこだてクリスマスファンタジー」(実行委主催)が1日夜、金森赤レンガ倉庫前の特設会場で開幕した。予定していた花火の打ち上げは強風のため中止となったが、メインの巨大ツリーがきらびやかに点灯し、来場者を魅了した。

荒天で花火はお預け

 新型コロナウイルス感染予防の観点で昨年に続き、ステージイベントを行わないなど開催規模を縮小した。
 初日はツリー点灯の20分前に花火の中止が会場でアナウンスされた。それでも開幕を待ちわびた大勢の来場者が会場に集まり、午後6時に「メリークリスマス」の合図で約15万個の電球で彩られた巨大ツリーのイルミネーションが一斉に点灯し、歓声が上がった。

「メリークリスマス」の歓声

 家族や仲間同士でツリーをバックに撮影するなど冬の一夜を楽しむ光景が見られた。観光で来函した沖縄県北谷(ちゃたん)町の自営業、高宮城寛さん(64)は「生で初めて見た。とてもきれいで最高」と感激しきりだった。
 ツリーは25日までの期間中、午後4時半~同5時45分、同6時~同10時に点灯。花火は毎日同6時、最終日のみ同8時にも打ち上げる。同6時半、7時半、8時半からの15分間は赤一色に染まるプレミアムレッドツリーとなる。(鈴木 潤)

      社会











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト