函館新聞電子版

クリファン巨大ツリー制作大詰め 1日開幕

 12月1日に開幕する「2021はこだてクリスマスファンタジー」(実行委主催)を前に、函館市内で電飾を取り付けた高さ約20メートルの巨大ツリーの制作が大詰めを迎えている。
 例年、市の姉妹都市カナダ・ハリファックス市から贈られるモミの木は、新型コロナウイルス禍での船舶不足や港湾の混雑で、輸送に想定を超える時間が掛かるとみられたため、2年連続で道南産トドマツを使った。
 ツリーの電飾を手掛ける「ふじでん」(市昭和4)の佐藤賢治社長によると、ツリーの制作は11月上旬から函館港北埠頭(ふとう)近くでスタート。市内の造園業者が枝葉を切断して成形した後、同社社員らがLED電球約15万個でツリーに装飾を施した。
 佐藤社長は「悪天候もなく作業は順調に進んだ。12月の函館の風物詩として、まちに彩りを添えることができれば」と話している。
 ツリーは、29日朝に赤レンガ倉庫群(末広町)前までえい航予定。30日の夕に試験点灯を予定している。(海老田暁)

      社会











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト