函館新聞電子版

旧小林写真館、1日に一般公開 「歴史館」閉館で初企画

 明治時代に建築された写真館の建物を修復して営業している、函館市大町2の「旧小林写真館」は、6月1日の「写真の日」に合わせて、同日午前10時から建物を一般公開する。
 旧小林写真館は道内に現存する写真館では最古の建築物。1902(明治35)年、神戸出身の写真師小林健蔵が開業。木造2階建ての建物は大火による類焼後の1907(同40)年に再建したもので、62(昭和37)年まで営業を続けた。その後は空き家状態が続いていたが、市内で写真館を営む谷杉アキラさんが2009年に入居し、売り上げの全額を建物の維持保全に充てながら営業している。
 一般公開は初めての試み。写真に関するさまざまな資料を展示し、毎年6月1日に無料公開を行っていた市写真歴史館(元町、旧北海道庁支庁庁舎内)が今年3月で閉館したことに伴う取り組みで、「函館は幕末期にいち早く写真術が伝来しており、名実ともに『写真の街』であることを示したい」(谷杉さん)との思いから公開を決めた。
 普段は予約制で営業しているが、1日は午前10時から午後3時まで見学できる。谷杉さんは「チャリティー撮影会やオリジナルグッズも用意しています」と話し、来館を呼び掛けている。問い合わせは同館(☎090・1386・4840)へ。(千葉卓陽)

      社会











      最新記事











      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医9月23日
      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト