函館新聞電子版

道南で「どんど焼き」 無病息災願う

 正月のしめ飾りや古いお札などを焼く「どんど焼き」(焼納祭)が7日、道南の神社で開かれた。函館市谷地頭町の函館八幡宮(川見順春宮司)では参拝者が見守る中、寄せられた松飾りなどが焚き上げられた。

 どんど焼きは小正月の1月15日に開く地域が多いが、道南では「松の内」最終日の7日に開く。同八幡宮では境内にフェンスで囲いをした「忌床(いみどこ)」を設けて行う。午前9時からの祭礼で神職が祝詞奉上し、氏子代表が玉串をささげた後、拝殿で採られた忌火(いみび)を破魔矢に移し、火が付けられた。

 竹製の熊手が「パン、パン」と音を立て燃え上がると、参拝者は炎に手を合わせ、今年1年の無病息災などを祈った。(山崎純一)

      社会











      最新記事











      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医11月28日
      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト