函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 2021年
    新春メッセージ
  • 特集
    思いをギュウっと
  • 1月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社

遊覧船が冬支度 大沼合同遊船で陸揚げ作業

 【七飯】大沼合同遊船は24日、今シーズンの営業を終えた遊覧船の陸揚げ作業を行った。新型コロナウイルスの影響で、昨年より1カ月ほど早い上架となった。
 作業は午前8時半ごろから始まり、遊覧船5隻を重機でけん引して陸揚げ。その後、来シーズンに向けてプロペラの点検やエンジンの氷結防止を行った。
 同社によると、今シーズンは新型コロナ感染拡大の影響で前年比4万8502人減の2万3919人と落ち込んだ。9~11月にかけては修学旅行や「Go Toトラベル」などで盛り返したが、外国人観光客やツアー客の減少が響いた。川村晃也専務は「今年は想定外だった。来年はどうなるかわからないが、早く収束して観光客が戻ってくることを祈りたい」と話していた。
 同社は来年1月1日からワカサギ釣りの営業を開始する予定で、順次冬のアクティビティーを実施していく。(北川隼夢)

      社会











      最新記事











      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医1月17日
      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト