• お知らせ
    台風災害義援金受付
  • 採用情報
    函館新聞社

縄文の魅力に触れる 阿部さんがトークイベント

 函館市教委は21日、金森ホールで縄文トークイベント2019「めざせ!世界遺産~日本の縄文から世界のJOMON(じょうもん)へ」を開いた。道縄文世界遺産推進室の阿部千春特別研究員が「『北海道・北東北の縄文遺跡群』の世界遺産登録への道」と題して講演。約130人が縄文の魅力に触れた。
 縄文遺跡群が世界文化遺産国内推薦候補に選定されたことを受け、縄文文化への関心を高め、一般市民が楽しめるイベントを企画した。
 阿部さんは、縄文の特徴として①1万年存続した②ピラミッドやマチュピチュなど特別な人が残したものではなく、一般の人たちの生活の在り方や精神文化が表れている―ことを挙げ「世界遺産の中でもあまり例がない」と強調した。
 北海道と北東北の4道県は北方ブナ帯に属し、寒流と暖流がぶつかり、サケなど水産資源に恵まれている共通点があるとした。
 また、17ある構成資産の一つ、函館市の垣ノ島遺跡で出土した足形付き土版を紹介し「亡くなった子どもの足形を、粘土板に押し付けて子どもをしのんでいる」と精神文化の高さを強調。2021年夏の世界文化遺産登録に向け「一つの構成資産も落とさずにゴールに入る」と目標を話した。
 また、タレントで道南縄文大使の藤岡みなみさん、俳優で世界遺産検定1級を持つ中山卓也さんのトークもあり、参加者はたっぷりと縄文の世界に浸った。(山崎大和)

      社会

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      お知らせ

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      Moora