道南で混乱続く 断水502戸、公立学校185校が休校

 6日午前3時8分ごろ、胆振地方中東部を震源地とし、函館市で震度5弱を観測した北海道胆振東部地震に伴う影響で、道などによると、7日午後4時時点で道南では函館市で7人がけがをしたほか、道立函館美術館など一部の建物に被害が出た。停電は一部で復旧したものの、完全復旧には至っていない。公立学校は、7日も185校で休校し、502戸で断水が続いている。
 けが人は6日に函館市で判明した7人で、廊下のドアに頭をぶつけて左耳上から出血した亀田本町の62歳女性ら。
 地震の影響で、同美術館館では展示室天井の化粧ボードが一部剥離した。同館は10月4日まで休館中で人的被害はなく、修繕方法を検討中。函館聾学校では、校舎の外壁にひびが入った。
 公立学校は、渡島の全166校で休校。桧山は半数の19校が休校。断水は函館市で496戸、上ノ国町で6戸。函館市内は電力の復旧などで前日から約50戸減少したが、マンションの高層階を中心に影響が続く。
 市は6日に続き、7日も元町配水場や南茅部支所など市内4カ所に応急給水所を設置。市によると、6日は4カ所で500ミリリットル入りのペットボトルで4万本に相当する2万リットルの水を配給したという。
 函館市が7日に市役所で開いた第3回災害対策本部会議で、工藤寿樹市長は「電力の復旧で安心した地域と、(復旧が)いつになるか分からない地域が混在している。高齢者を中心に各地域に応じた万全な対応をとってほしい」と各部署に指示を与えた。(山田大輔)
 7日午後7時現在、渡島・桧山管内のすべての市町村で、電力が復旧した地域があるものの、完全復旧にはまだ遠い。北海道電力函館支店によると、「具体的な地域名や戸数は示せない」としている。
 同支店によると、6日に復旧した市内2カ所の変電所に加え、複数の変電所が復旧。「病院や官公庁、自治体庁舎などの重要施設を優先して送電する」としている。
 函館市、北斗市が情報収集した結果、一部で復旧が判明した地域は次の通り。
 ▽函館市(7日午前10時現在)=海岸町、若松町、東雲町、宝来町、本町、松川町、五稜郭町、堀川町、吉川町、中島町、弁天町、元町、弥生町、駒場町、広野町、湯川町、深堀町、川原町、日吉町、神山町、高松町、川汲町、安浦町、桔梗町、古川町、石崎町、豊原町、大川町、追分町、美原町、富岡町、港町、鍛冶2、中道2、石川町、昭和
 ▽北斗市(7日午後5時現在)=七重浜、追分(七重浜支所周辺、追分2除く)、久根別、東浜、中央、中野通、谷好・富川~茂辺地・石別の国道228号沿い▽清水川、東前、新函館北斗駅周辺の市渡、本町(総合分庁舎は停電)

      社会

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月22日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会