開港5都市景観まちづくり会議閉幕 横浜へ大会旗引き継ぐ

 1日開幕した「開港5都市景観まちづくり会議2018函館大会」(実行委主催)は3日、最終日を迎えた。市地域交流まちづくりセンターで大会旗の引継ぎが行われ、函館大会の佐々木馨委員長から、来年の開催地となる横浜大会の宮川眞寿美委員長へ、大会旗が引き継がれた。
 同大会は開港という共通点を持つ5都市の関係者が意見交換や交流を図ろうと、函館と横浜、神戸、長崎、新潟の5都市が持ち回りで開催している。
 締めくくりとなる分科会の報告では、アイヌ文化やコンクリートなどをテーマに、2日に実施された市内見学の様子をそれぞれ紹介。若者を中心に各都市の活動を紹介するFG(フューチャージェネレーション)の発表では、横浜市都市整備局の山田渚さんが代表し、取り組み内容を解説した。
 次回開催地へ旗を手渡した佐々木委員長は「今大会は函館ならではのもてなしができたと同時に、次のステップを模索するものとなった」と話し、宮川委員長は「横浜大会では横浜市民にも協力してもらい大会を成功させたい。ぜひ期待してほしい」と力を込めた。(野口賢清)

      社会

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月24日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会