歴史・文化テーマにコース検討 南北海道サイクルツーリズム推進協がモニターツアー

 4月に発足した「歴史・文化を活かした南北海道サイクルツーリズム推進協議会」は15~17日の3日間、木古内発着で松前、江差など「どうなん・追分シーニックバイウェイルート」沿線をめぐる2泊3日のモニターツアーを実施し、歴史、文化をテーマにしたサイクリングコースの検討を進めている。同協議会では10月にも国内、海外の一般観光客を対象にツアーを実施する予定だ。
 同協議会はどうなん・追分シーニックバイウェイルートと、昨年愛好家らで結成した「どうなんチャリンコ倶楽部」を母体に立ち上げられ、自転車で広域を走りながら食や歴史遺産を楽しむ「サイクルツーリズム」の事業化を目指す。今年度から2020年度までの3年間、北海道観光振興機構から400万円の助成金を受けてツアーを造成し、国内外を含めた集客を計画している。
 今回のモニターツアーは、渡島総合振興局、桧山振興局など行政関係者や道南いさりび鉄道、津軽海峡フェリーなど交通関係者、函館大学生など10人が参加。昨年「チャリンコ倶楽部」が実施したサイクリングツアーのコースをベースに、知内町の「知内温泉」、上ノ国町の「夷王山」など新たな立ち寄りポイントを加え、江差のまち歩きやフットパスコースも取り入れた。宿泊は松前と江差で、計190キロを走行した。
 ツアーに参加した道の駅「北前船 松前」の今泉欣也駅長は「1日60キロ前後の走行で、多彩な体験やエイドスポットを取り入れ、誰でも楽しめるコースにした。次回開催時は、ハイペースで走り慣れている人と、のんびり走りたい人の2班に分け、1日だけ参加も可としたい」と話している。
 今後は、サイクルツーリズムガイドの育成に乗り出すとともに、道北の「TEPPEN―RIDE」や、静岡県の「ゆるゆる遠州ガイドライド」などの先行事例も参考に、青森県のサイクルツーリズム団体とも連携し、今月立ち上げたホームページ「チャリ旅みなみ北海道」やSNSを通じたPRにも力を入れる考えだ。(神部 造)

      社会

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月24日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会