• 秋季大会
    高校野球

函教大生2人、函館マラソンで全盲ランナー伴走に挑む

 7月1日に開かれる函館マラソンで、道教育大函館校の4年生2人が、ハーフマラソンの部に出場する全盲の島信一朗さん(48)=函館視覚障害者福祉協議会理事長=の伴走に挑戦する。障害者、健常者が社会の構成員として対等な立場で支え合う「ソーシャル・インクルージョン」の理念を、3人で体現する。
 伴走を務めるのは、渡辺真気さん(22)と澤田祐輝さん(22)。島さんが実行委代表を務める「ユニバーサル上映映画祭」に、渡辺さんは大学の地域プロジェクトとして運営に携わり、澤田さんは特別支援教育を学ぶ中でインクルージョン思想に関心を持った。こうした縁で2人は島さんから声を掛けられ、快諾した。
 島さんは21歳の時、交通事故で視力を失い、その後、ソーシャル・インクルージョンの実現を目指し、さまざまな活動に取り組む。マラソンの伴走がインクルージョンの実践例になるとして、2016年からハーフマラソンに出場している。
 これまでの2回は、熟練のランナーを伴い完走。今回は伴走経験のない2人とのレース挑戦だが、島さんは「2人にはたくさんのことを感じ取ってほしい。3人が力を合わせて笑顔でゴールするのが目標」と話す。
 今月上旬から一緒に練習を始め、徐々に息もぴったり合ってきた。澤田さんは「この縁を大切にインクルージョンの素晴らしさを体感したい」、渡辺さんも「将来につながるような伴走をしたい」と誓っている。(鈴木 潤)

      福祉・医療・健康

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月19日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会