観光交流センターオープン向け準備着々

【木古内】町が北海道新幹線開業に伴うJR木古内駅前周辺整備のメーン施設として建設し、来年1月にオープンする観光交流センター「みそぎの郷きこない」(本町338)の報道向け見学会が26日、同センターで開かれた来年3月26日の開業までちょうど半年と迫った中、「道の駅」の登録を目指し、周辺の駐車場や機材の設置など着々と準備が進んでいる
同センターは渡島4町、桧山5町の計9町による広域観光の拠点として、各町の特産品など約400点を販売する昨年9月に着工し、今年9月1日に完成2128平方メートルの敷地に、鉄骨造平屋建て843・3平方メートルを整備した事業費は約4億円
地元産の道南スギが持つ色合いや香りを活用し、木のぬくもりに包まれる内装メーンエントランスを抜けると、町の伝統神事「寒中みそぎ」の由来となった故事に登場する羽衣や、波をイメージした和紙製のオブジェが出迎える向かいには、観光コンシェルジュ2人が駐在する観光案内所とレンタカーカウンターを配置した
交流スペースは利用者がゆったりと過ごせる広々とした空間で、子どもたちが杉玉4500個で遊べる木育用のプールも設備寒中みそぎを紹介するシアターや歴史パネルもある
世界的に活躍する料理人・奥田政行シェフが監修した道南食材を味わえるレストラン「どうなんde’sOcudaSpirits」は4人、8人用の個室もあり、40席以上でくつろげるまた、24時間対応のトイレも整備女性用は授乳室やパウダールームも併設している
10月からは指定管理業務が開始センター長となる町まちづくり新幹線課の浅利文博さん(64)は「やっと7合目まで来た9町の魅力が伝えられるように、今後も準備を進める」と意気込んだ(斎藤彩伽)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月22日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会