• 採用情報
    函館新聞社

「干しの王様しいたけ」ワンダー500に認定道南唯一

【七飯】町鶴野の福田農園(福田将仁社長)が生産・販売する「干しの王様しいたけスライス」が、経済産業省の「TheWonder500(ザ・ワンダー・ファイブハンドレッド)」に認定された道南唯一の選定で、日本が誇る優れた地方産品の一つとして高い評価を得た同社は販路拡大を視野に入れて海外展開に乗り出す構えだ
ワンダー500は本年度スタートした制度で、海外に広く伝えていく国内の魅力ある〝名物〟を発掘・選定商品カテゴリーは観光体験、キッチン雑貨、生活雑貨、文房具、インテリア、ファッション、食、飲料の8つで、干しの王様しいたけスライスは食(全体115件)で選ばれた道内から認定されたのは全カテゴリーで10件のみ
プロの目利きによる推薦と全国公募の2つの方法があり、干しの王様しいたけスライスはプロから「味も食べ応えも備えた世界に通用する食材国内外を問わず、高い評価が得られる」との推薦コメントをもらった
同社は道立工業技術センター(函館市桔梗町)や北大などと共同で、3つの温度帯を使う「3Step工程」という独自の乾燥法を開発これによりシイタケ特有の苦味や渋味を低減でき、従来の乾燥品に比べて和食以外にも相性がいい味のバランスになることが分かった
乾燥シイタケの利点について、同センターの小西靖之研究主査は「商品の付加価値が高まり、バリエーションも増える海外への持ち運びも手軽にできる」と強調同じ食カテゴリーでは、原木で育てた「大分県産花どんこ椎茸(しいたけ)」も選ばれており、菌床栽培の王様しいたけが大分と肩を並べるほどの栽培技術を持つことが証明された
福田社長(43)は「世界にアピールする500点に入り、食品だけでない幅広い分野の中から選ばれたのはうれしい大きいシイタケは外国人に需要があると思うので、海外にも販路を広げたい」と意欲を見せる道が道産品アンテナショップ「北海道どさんこプラザ」のシンガポール出店を検討しており、同社は海外進出への足掛かりとしたい考えだ(山崎大和)

      ニュース

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医11月18日付け
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月17日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会