• 採用情報
    函館新聞社

千代の富士還暦土俵入り赤い綱展示横綱記念館

【福島】今月1日に60歳の誕生日を迎えた町出身の九重親方(元横綱千代の富士)が、両国国技館(東京)で行った還暦祝いの土俵入りの際に締めた赤い綱が10日、横綱記念館(福島190)にお目見えした九重親方の姉で同館の副館長小笠原佐登子さんは「赤と白の綱は凛々しく華があるぜひ多くの人に見てもらいたい」と話している
土俵入りは5月31日に国技館で行われ、九重親方にとって引退以来24年ぶりだった還暦を意味する赤色の綱を締め、太刀持ちに白鵬、露払いに日馬富士を従えて、現役時代をほうふつとさせる雲竜型のせり上がりを披露し、館内を沸かせた還暦土俵入りを行ったのは九重親方で10人目
当初は6月中旬からの展示を予定していたが、ファンからの問い合わせが多く、九重親方の「応援してくれる人たちに1日でも早く見てもらいたい」という意向もあり、到着後すぐに展示した赤い綱に加え、白鵬、日馬富士が着用した白の綱も飾られていることから、初日から多くの来場者が記念撮影をしていた6月下旬からは還暦土俵入りの際に使用された化粧回しも加わり、同館の見応えもさらに増す
今季の営業は11月15日までで、開館時間は午前9時から午後5時入館料は一般500円、高校生以下250円団体割引あり(小杉貴洋)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会