チーズ焼きやパンなど6品トマト料理召し上がれ大野農高生考案

【北斗】大野農業高(丸山博正校長)の生徒3人が、市特産のトマトを使ったオリジナル料理を開発したチーズ焼きやパンなどユニークな6品で、高校生ならではの発想が光る6、7の両日にJA新はこだての農産物直売所「あぐりへい屋」(東前62)で開かれるトマトフェアに合わせ、ランチメニューとして提供する
生活科学科3年の河村玲菜さん(17)が「トマトのチーズ焼き」「ジャガイモとハムとトマトのチーズ焼き」、食品科学科3年の花田有希さん(18)が「ジャガイモとトマトとアスパラ入りのパン」「ナスとトマトとパプリカの中華炒め」、同科3年の高橋茉利早さん(17)が「トマトのカップケーキ」「トマトヨーグルト」を完成させた
6品をワンプレートに盛り、フードコーナーで1日限定30食を出す税込み500円で、同店は「若いアイデアを生かした料理が出来上がったので、ぜひ食べてほしい」とPRする
3人は3~5日に同店でインターンシップ(就業体験)を行っており、一環でトマトを使った料理づくりに挑んだ学校でもメニューを考案するような授業を受けたことはなく、ぶっつけ本番に近い形で新メニューを生み出したという河村さんは「不安もあったが、最初から最後まで自分で考えて作ることができて満足」と笑顔を見せる
フェアでは、出荷が始まった北斗産大玉トマト「りんか409」を通常より安く販売問い合わせは同店(電話0138・77・7779)へ(山崎大和)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月25日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会