• 採用情報
    函館新聞社

政務活動費の使用率減少函館市議会

函館市議会事務局は1日、2014年度の政務活動費収支報告書を公表した全5会派の交付総額は1584万円で、使用額は765万8955円、使用率は48・4%だった前年度と比べ、使用額は約95万円減少した使用区分別では全会派の合計で、事務費が278万円(構成比36・3%)と最も多く、広報広聴費160万円(同21%)、資料購入費136万円(同17・9%)となった
政務活動費は議員1人当たり月額4万5000円を支給交付総額は昨年7月に議員1人が任期中に死去したため、7月分までは定数の30人分、8月分以降は29人分が支給された使用した活動費は1円から領収書を添付して報告している
会派別に使用額をみると、市政クラブ(11人)は216万1716円(使用率36・4%)、民主・市民ネット(8人)は196万1038円(同45・4%)、公明党(4人)は115万3560円(同53・4%)、市民クラブ(7月まで4人、8月以降3人)は108万1884円(同60・1%)、共産党(3人)は130万757円(同80・3%)だった
支出別では、調査研究費は民主、公明、市民の3会派が計72万円を支出したが、現地調査の実施は少なく、大半がデータベース利用料だった研修費は市民を除く4会派で116万円活動報告の発行など広報広聴費は公明を除く4会派が支出した資料購入費は新聞や書籍の購入に充てられ、事務費はコピー機、パソコンなどのリース費用に使用された会議費の使用は各会派ともになかった
会派別に支出額が多い使用項目をみると、市政が広報広聴費、民主は資料購入費、公明、市民、共産は事務費だった
収支報告書は市議会のホームページ、市役所7階の議会事務局で閲覧可能(今井正一)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会