• 採用情報
    函館新聞社

下坂プロ貫禄勝ちコンピューターと囲碁対局

第29回人工知能学会(会長・松原仁公立はこだて未来大教授)全国大会は2日目の5月31日、同大で公開イベント「コンピューター囲碁はどこまで人間に迫れるか」を行った世界最強のコンピューター囲碁ソフト「Zen(ゼン)」と、函館白百合学園高卒でプロ棋士の下坂美織二段(27)=帯広出身、日本棋院東京本院所属=が対局し、下坂二段が勝利を収めた
コンピューター囲碁は人工知能研究の一分野で、大会での対局は今回で3回目一昨年の富山大会、昨年の松山大会ともコンピューターがアマチュアの強豪を破っており、初めてのプロ棋士との対局を見ようと多くのファンが集まった
会場では、開発チーム「DeepZen」の加藤英樹代表が代指し、小林覚九段が解説したZen側に3子のハンディを付けて行われた
前半は好勝負を繰り広げたが、後半に差が付いて最後は下坂二段が制した対局後、下坂二段は「3子を与えるハンディ戦で勝つことができてうれしい」と笑顔を見せたまた、「ハンディなしでコンピューターがプロに勝つには、まだしばらく時間がかかると思う」との認識を示した
対局を見守った未来大修士課程1年の松田隼士さん(23)は「同じ帯広出身なので、下坂さんを応援していたコンピューターも強く、人間に近い思考が実現できている」と話した(山崎大和)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会