道新幹線、木古内駅開業へPR加速

【木古内】来年3月の新幹線木古内駅開業に向け、町内で機運を高めるためのPR活動が加速している駅前に開業をアピールするフラッグが掲げられたほか、町内全戸に同様のデザインのステッカーが配られたまた、6月2日には駅前に開業300日前企画として、カウントダウンボードが設置される
フラッグは縦90センチ、横45センチで、北海道新幹線用の新型車両「H5系」や町のマスコットキャラクター「キーコ」をデザイン広域観光を進める木古内駅活用推進協議会のキャッチコピー「青函トンネルを抜けて広がる、北の9都(キュート)な物語旬感・千年北海道」の文字も盛り込んだ町が29日に新駅南口からみそぎ浜までの500メートル間の街路灯18本に取り付けた
また、町や町内の商工団体など30団体でつくる北海道新幹線木古内駅開業記念事業実行委員会(委員長・大森伊佐緒町長)は、同様のデザインのA5判ステッカー2500枚を製作し、28日から町内約2300戸への配布を始めた町では「1年ぐらいであればガラスに張ってもきれいに剥がすことができるので、多くの町民にPRの協力をお願いしたい」と呼び掛けている
6月2日には駅前に、大森町長や高橋はるみ道知事のメッセージが書かれた開業カウントダウンボードを設置開業日が正式決定した時点で電光式時計によるカウントダウンを開始する(金子真人)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月26日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会