• 採用情報
    函館新聞社

法廷内で検察官に暴行、被告に懲役1年求刑

 刑事事件の被告として出廷した函館地裁の法廷内で男性検察官(当時52)にいすを投げつけるなどしたとして、公務執行妨害の罪に問われた函館市船見町、大学生、土井瑞樹被告(21)の初公判が4日、同地裁(布施雄士裁判長)であり、同被告は起訴内容を大筋で認めた。検察側は懲役1年を求刑し、即日結審した。判決は10月16日。
 冒頭陳述などによると、強制性交等罪に問われた同被告は6月28日の判決公判で、同地裁から懲役5年6月の実刑判決を言い渡され、保釈効力が失効。法廷内で事務手続き中だった検察官に対し、証言台のいすを投げつけ、胸ぐらをつかんで職務を妨害したとされる。事実関係を争っていた一審の判決については不服として控訴した。
 公務執行妨害については「胸ぐらをつかんだことは覚えていない」とする一方で公訴事実は争わないとした。被告人質問で犯行時の心情を問われ「検察官が笑っているように見え、家族がばかにされたと感じた。反省している」と述べた。
 検察側は論告で「司法を軽視し、厳守されるべき法廷秩序を乱し、刑事裁判制度自体を揺るがしかねず悪質だ」などと主張。弁護側は今回の公訴事実については執行猶予付きの懲役3月が妥当とした。

      事件・事故

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会