函館新聞電子版

  • 選挙
    参院選2022
  • 2022年の写真
    写真の日プロジェクト
  • 延期のお知らせ
    函館港花火大会
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • コロナウイルス
    感染、病床状況
  • 高校野球
    夏季大会

人の表情読み取る「デジタルカメン」の研究進む/公立はこだて未来大学

 人間と機械が情報をやり取りする装置やソフトウェアなどの「ヒューマンインタフェース」の研究を専門とする公立はこだて未来大の竹川佳成准教授(40)の研究室では、人間の表情をセンサーで読み取り、モニター内のキャラクターがその表情を再現する「デジタルカメン」の研究を進めている。面接や病院の診察など緊張をやわらげる場面のほか、新型コロナウイルス感染防止を考慮に入れたコミュニケーションでの活用が期待されている。
 同研究室で2016年から学生が竹川准教授とともに取り組んでいる研究で、慶応義塾大学や英国のユニバーシティ・カレッジ・ロンドンなど研究者からサポートを受けている。現在は同大4年の新田野乃華さん(21)が卒業研究としてシステムの改良に取り組んでいる。
 デジタルカメンは正面に、装着した人の表情をキャラクターで再現し、表示するモニター、内部に人の表情を読み取る約40個のセンサーが取り付けられている。デジタルカメンを着けることで、頬や口元に接するセンサーが筋肉の動きを読み取り、モニターのキャラクターの表情に反映。口角が上がると笑い、頬が膨らむと怒るほか、驚く、泣く、悲しむなどの種類がある。
 現状ではそれぞれの表情でセンサーのどの部分が反応しているかという分析ができていないことや、装着者とキャラクターの表情が一致しないなど課題も多いが、新田さんは「プログラミングによる機械学習で認識精度を高めていきたい」と意気込む。
 同研究は、コロナ禍でマスク着用者が増えたことで、会話で表情が読み取れず、上手く感情が伝えられないといった課題の解消が活用例として考えられている。竹川准教授は「新しい生活様式への対応のほか、研究を通じ、人が表情をどう作り、どう捉えているかという認知心理学にもアプローチできる。より多くの顔の動きを認識したり、顔にフィットするよう軽量化したりと改良を進めていきたい」と話している。(飯尾遼太)










      最新記事











      トピックス







      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 昨年6月に奥尻の港で発見された遺体の身元判明
      2. 男性がセメント工場所有の土管に転落、死亡確認
      3. 自慢の愛車が続々 摩周丸前でミーティング、二輪談議に花
      4. 振興局の「おしま食堂」今月限りで撤退 コロナ禍や在宅勤務で収益上がらず
      5. 道職員と学校事務職員を募集
      6. 噴火湾産毛ガニ味わって 「北の森町噴火湾」で2日に直売会
      7. 函館で38人、渡島10人、桧山5人
      8. 五稜郭公園の堀に飛び込み男性死亡 飲酒後泳ぎに
      9. 渡島中体連バドミントン個人戦結果
      10. 函館新聞からのお知らせ/「函館港花火大会」延期します

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      はこしんフォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      はこしんバックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      紙面ビューア

      6月29日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト