• 採用情報
    函館新聞社

今年の渡島管内漁業生産高、12%増の558億円

 渡島総合振興局は、今年1~12月の管内漁業生産高(速報値)をまとめた。数量は前年比3%減の17万3000トンと伸び悩んだが、金額は12%増の558億円となり、過去10年で最も高額だった前年を上回った。噴火湾のホタテ貝輸出が好調で価格も高水準で推移したことが要因で、ホタテがスルメイカやスケトウダラなど回遊魚の水揚げ不振をカバーした格好だ。金額の500億円突破は15年ぶり。
 数量、金額とも八雲町熊石地区を除いており、1~11月は14漁協への聞き取り実績をまとめ、12月は振興局が推計により算出した。
 ホタテは数量が26%増の10万4139トン、金額が40%増の291億円と史上最高を記録。1キロ平均単価も前年より26円高い279円に跳ね上がった。中国への輸出好調に加え、オホーツク産ホタテが低気圧被害による減産で噴火湾産への引き合いが強まった。漁協別の金額は長万部57億円、八雲町60億円、落部58億円、森59億円、砂原30億円、鹿部23億円と堅調だった。
 コンブは数量が10%減の5767トン、金額が8%減の83億円となった。天然は着生量の低下、養殖は付着物の影響で落ち込んだ。
 低迷が続くスルメイカは数量が33%減の1万2526トン、金額が23%減の45億円。単価は49円高い361円と高騰。加工業者が原料手当てに動いたためとみられる。
 サケが14%減の3792トン、11%減の19億円、小型の来遊が好調だったブリが42%増の6759トン、1%減の14億円となった。
 以上5魚種で全体の8割、452億円を占める。同振興局は「他の魚種が軒並み落ち込む中、好調なホタテ漁が金額全体を押し上げた」(水産課)としている。(山崎大和)

      経済・企業

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月13日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会