函館山ロープウェイ、搭乗者数5000万人達成

 函館山ロープウェイ(竹村隆社長)は18日、搭乗者数が5000万人を突破した。1958年11月の開業から57年目の記録で、祝福セレモニーを行った。
 5000万人目となったのは、この日初めて函館を訪れた愛知県の自営業小山智充さん(29)、妻の絵実さん(31)、長女のひまわりちゃん(1)、小山さんの父で大阪府の会社員博嗣さん(59)、小山さんの兄で東京都の大学専任講師桂史さん(31)の家族5人。
 セレモニーでは、小山さん家族がくす玉を割り、竹村社長らから花束や記念品が贈られた。桂史さんは「5000万人目となり、うれしい」、博嗣さんは「21日に還暦を迎えるのに合わせて、サプライズで函館旅行を企画してもらい、今日もまたびっくりで、最高です」と笑顔で話した。
 同社によると来年1、2月ごろを見込んでいたが、今年は外国人客の来場者数が上半期に続いて下半期も好調で、年内に達成できたという。竹村社長は「来年は北海道新幹線開業に伴い、多くの旅行客が訪れることが予想されるが、混雑なくおもてなしできるようにしていきたい」と話した。(能代俊貴)

      経済・企業

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月20日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会