• 採用情報
    函館新聞社

ごう音響かせ海へ。函館どつく進水式

 函館どつく(函館市弁天町)は15日、新造船「ベルゲ・アンヌプリ」(2万1550トン)の進水式を同社函館造船所で行った。170人の市民が詰め掛け、豪快に海に繰り出す船の雄姿を見守った。
 新造船はマーシャル諸島共和国の海運会社が発注した全長約180メートル、幅30メートルの木材兼ばら積貨物船。10月下旬から名村造船所(大阪)と共同で建造を進めており、来年2月下旬に引き渡す予定という。
 進水式では、造船所と船をつなぐロープが切断されると、巨大な船がごう音を響かせながら海に進み出し、集まった観客から歓声と拍手が送られた。
 苫小牧市から訪れた川口美恵子さん(62)は「今回函館に来たのは進水式が一番の目的。波しぶきがすごい迫力で感動した」と話していた。
 同社では現在、本年度6隻目となる新造船を手掛けており、来年2月下旬の進水を予定している。(金子真人)

      経済・企業

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月15日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会