• 特集
    2019統一地方選
  • 採用情報
    函館新聞社

棒二森屋屋上の互福稲荷神社が最後の公開

 JR函館駅前の老舗百貨店「棒二森屋」は3日、互福稲荷神社がある屋上を開放した。1月末の閉店を前に今回が最後の公開となったため、大勢の参拝客が思い出を懐かしみながら手を合わせた。
 同神社は、1938年(昭和13年)に商売繁盛にご利益があるとして現在地に設置。4月~10月の各月12日(ボーニの日)や年始などの限られた時間に開放し、参拝者が訪れていた。
 この日は、参拝を待つ人で大行列ができ、別れを惜しむ人でにぎわったほか、屋上で景色や記念撮影を楽しむ人も見られた。
 夫婦で訪れていた新川町の福本忠司さん(75)は「子どものころ親に連れられてよく来ていた。屋上にあった映画館で映画を見たり、たくさんの思い出がある」、妻のアヤ子さん(75)は「デパートはお祭りより楽しいところだった。閉店してしまうのは、残念で寂しい」と話していた。(木村京子)

      経済・企業

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      Moora