• 採用情報
    函館新聞社

バニラ・エア函館―成田線、来年3月で運休

 格安航空会社(LCC)のバニラ・エア(千葉県成田市)が運航する函館ー成田線が来年3月で運休する見通しであることが11日、分かった。目標とする年間85%以上の利用率を達成できず、収益の確保が難しくなったことが要因とみられ、就航からわずか2年で運休となる。
 同社企画部門の管理職が12月上旬に市を訪れ、利用率の伸び悩みから、来年3月下旬で運休する方針を伝えた。来年10月下旬までの夏ダイヤで運航計画はなく、その後の見通しに関して言及がなかったという。
 同路線は函館空港初の国内LCCとして、2017年2月に就航。観光需要のピークとなる8月は昨年が87・0%、今年が89・8%と目標をクリアした一方、70%以下に落ち込む月もあり、年間利用率は昨年が77・7%、今年は10月までで76・6%にとどまっていた。
 同路線を巡っては、成田で国際線を乗り継ぎ、函館を訪れる海外客の利用もあったことから、観光への影響が懸念される。函館ホテル旅館協同組合の遠藤浩司理事長は「正式発表だとすれば、成田線を利用していた国内の若者、女性を中心とした客を失うことになり、大きな損失だ」と肩を落とす。
 同社広報は「現段階ではまだはっきり決まっていない」としている。(山田大輔)

      経済・企業

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      2月16日の紙面

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      Moora