• 採用情報
    函館新聞社

ホテル「東横イン」着工で地鎮祭 新函館北斗駅前

 【北斗】JR新函館北斗駅前の商業地に建設するホテル「東横イン」の地鎮祭が11日、北斗市市渡1の建設地で行われた。同駅前では2件目となるホテル建設で、施工業者や同ホテルの役員ら約30人が出席し、工事の無事と工期通りの完成を祈った。  
 ホテルは建築面積353平方メートル、鉄骨造り14階建て。客室は248室で、このうち208室がシングルタイプ。総事業費は約13億円で、来年12月24日のオープンを目指す。
 不動産開発などを手掛ける「川翔プログレス」(東京、川嶋浩嗣社長)がホテル建設に向け、昨年5月に土地を取得。資材の高騰などから当初の予定よりも1年ほど遅れ、着工の日を迎えた。
 地鎮祭は神事にのっとり行われ、川嶋社長は「やっとスタートラインに立った。14階建てのホテルが建つことで新駅前のランドマークとなる。次の世代にバトンタッチできる街並みになるよう貢献したい」と、ホテルのほか、商業施設などの整備にも意欲を示した。池田達雄市長も「交流人口拡大に向けインパクトがある。駅前のにぎわい、企業誘致に弾みがつく」と期待を寄せた。(鈴木 潤)

      経済・企業

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会