空路、鉄路で商品届いた! 地震で品薄の大京都まつり

 物流停滞による入荷停止で品薄が続いていた棒二森屋の「おいでやす大京都まつり」は11日、空輸と鉄道輸送を経て生八つ橋などの商品が会場へと届いた。同店は「ようやく商品を補充できた。12日は最終日だが、棒二森屋での最後の京都まつりをぜひ楽しんで」と呼びかける。
 今回は食品関連から40店、工芸品から14店の54店が出店。イベントを運営する京都府物産協会京都のれん会によると、地震発生直後から支援物資の輸送が優先され、同イベントの商品は条件付き輸送となっていた。伊丹空港から羽田、新千歳空港を経由し、JR貨物を利用してこの日、ようやく商品を並べられたという。
 「お客さまから商品の入荷状況に関する問い合わせが数多くあった」と同店。生八つ橋や生麩(ふ)、うどんなど京都を代表する品がようやく会場に並び、大勢の客で開店直後からにぎわった。同協会事務局の北村千寿さんは「会場に来ていただくだけで京都を巡ることができる。おいでやす」と来場を呼び掛けている。イベントは午前10時から午後5時まで。(野口賢清)

      経済・企業

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月25日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会