• 秋季大会
    高校野球

町の新たな特産品に期待 乙部でクラフトビールお披露目

 【乙部】乙部の井戸水や町内産の麦、ホップを使ったクラフトビール作りを進めている健康食品製造販売のアドバンス(長野県佐久市、白井博隆代表)が3日、町館浦の醸造所「北海道乙部追分ブリューイング」で、地域住民、関係者向けのビールの試飲会を開いた。ビールは9月から町内飲食店などで取り扱う予定。今後醸造所内に飲食・物販スペースを設け、町の新たな特産品として広く提供していく。
 同社は2015年、町内の井戸水を使ったミネラルウオーター製造の子会社「命水乙部ボトラーズ」を設立後、商品の活用促進を目的にクラフトビール製造事業に着手した。醸造所は町有施設の工場跡地を借りて、内部を改修。今年6月から稼働し、500リットルの仕込釜を有し、年間36キロリットルの製造が可能だ。
 ビールはミネラルウオーターを仕込み水に、町産の大麦、ホップを一部使用した3種類を製造。2種はさわやかな味わい、もう1種はほど良い苦みが特徴で、今後も柑橘系の風味を加えるなどした数種類のビールを開発していく。
 試飲会には約180人が出席し、ビールの飲み比べをしながら新たな特産品として期待を寄せていた。白井代表は「町内農家と協力して麦とホップの生産を拡充し、乙部でしか作れないものを目指す」と強調。寺島光一郎町長は「製造業の面から、若い男性の雇用が生まれていくことに期待している。水、麦、ホップ全て地元産で作るビールは全国的にも珍しいといい、これからも“本物”のビール作りを進めてほしい」と話していた。
 9月からの取り扱いは飲食店への卸売りだが、全国展開を見据え、一般消費者向けに缶商品での販売も進めていく。(蝦名達也)

      経済・企業

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月19日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会