• 採用情報
    函館新聞社

感謝込めて乗客見送り JAL函館ー羽田線就航40年

 日本航空(JAL)函館支店は20日、函館-東京(羽田)線の就航40周年を記念した搭乗前セレモニーを行い、函館発第1便の搭乗者に対し記念品の配布などを行った。
 同社の同路線は1978年7月20日、東亜国内航空(TDA)がDC-9型機で開設。88年にTDAの社名が日本エアシステム(JAS)に変わり、2004年までに日本航空と経営統合された。
 午前9時55分発の羽田行き584便の搭乗時には、この日が節目であるアナウンスがされた。出発15分前にセレモニーが始まり、乗客代表とミスはこだての田中樹里さんが客室乗務員らに花束を手渡し、搭乗が始まると104人の乗客に向かい日頃の利用に感謝するのぼりを掲げて見送り、田中さんや同支店社員が搭乗証明書やオリジナルエコバッグなどを手渡した。
 このほか同日夕方には、同社が6月22日から運航を始めた「JALセレブレーションエクスプレス」が初めて函館空港にお目見えした。同機は東京ディズニーリゾート35周年のイベントとタイアップした特別塗装機で、ミッキーマウスやディズニーの仲間たちが描かれている。(山崎純一)

      経済・企業

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医11月18日付け
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月17日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会