• 採用情報
    函館新聞社

JR「海の恵み」運行開始 函館の生き物描く

 JR北海道は18日、キハ40系車両を改造した「道南 海の恵み」の運行を開始した。イカやカモメなど、函館の生き物や風景をかわいらしいイラストで表現している。今後、函館線の函館―長万部間を不定期で運行する。
 同社が所有するキハ40系車両4両を道内エリアごとの外装に改造して運転する「北海道の恵み」シリーズの一つ。1両編成で、改造費は1両当たり850万円。すでに道北と道東で運行を開始しており、7月には道央にも登場する。
 「道南 海の恵み」の外観は、イカやカニ、タコ、カモメなど、函館の海中や港に生息する生き物がモチーフ。船やサクラなども描かれている。背もたれなどに木材を使用し、床や座席シートの生地も新調。ヘッドマークシールは、北海道150年のロゴが入った特別バージョンを採用した。
 18日は、森行き普通列車として函館駅を出発。乗客や鉄道ファンが記念撮影する姿も見られた。東京への帰途で立ち寄ったという柳沢瑠里ちゃん(5)は「カモメが飛んでいるところがかわいい」とにっこり。出張のため乗車した都内の会社員、大島騎頼(きらい)さん(29)は「北海道らしいラッピングでとてもきれい。いい思い出になる」と話していた。(早坂直美)

      経済・企業

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医11月18日付け
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月17日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会