• GLAY関連記事
    随時更新

小型風車の搬入・組み立て 函館市恵山地区に1号機

 小型風力発電事業のトラストグリーンパワー(東京、牧田興司社長)は16日、函館市恵山町で小型風車の搬入、組み立て作業を行った。先行設置する発電施設3基(出力各19・8キロワット)の1号機で、2号機も18日に搬入予定。試運転を経て、2機とも24日ごろ運転を開始する見通し。
 恵山地区で発電設備24基分の申請が済んでおり、うち12基で認定を受けた。3機目は6月中に設置するという。
 現地は恵山山麓の南側に位置し、海岸線より高台にあるため、西風が安定して吹く。小型風車は高さ28・5メートルで、4000万円。昨年12月に、3基分の建設工事の地鎮祭を行っていた。発電した電気は電力会社に売電する。工事は永昇建設(函館市鍛治2、岩島一男社長)が請け負う。
 1号機は上海から船便で苫小牧港へ運ばれ、陸路で函館入り。この日は大型クレーンを使い、2つに分かれたタワー部分の接合や基礎への固定など慎重に作業を進めた。1、2機とも既に買い手がついている。
 市は、故障のため稼働を停止していた風車2基(高岱町)の修繕費がかさむため、同地区での風力発電事業を2015年度末をもって廃止。今回の3基が稼働すれば、市内では唯一の風力発電事業となる。
 親会社のトラストコーポレーション(千葉県船橋市)の堀部敬二プロジェクトマネジャーは「今後1年以内に24基全てを建設したい」と話している。(山崎大和)

      経済・企業

      最新記事

      休日当番医
      函館・北斗・七飯・檜山管内
      休日当番医(8月19日)
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      8月18日の紙面

      2018 大学進学説明会