スケトウ大不振で終漁へ

 渡島総合振興局は3日、渡島管内でのスケトウダラ刺し網漁について、本年度の漁獲量が過去10年間で最低に落ち込む見通しであることを明らかにした。昨年10月から今年1月の累計は前年比37%減の8746トン(速報値)と1万トンを下回った。漁期は3月末までだが、渡島は例年、12月が漁の本番で、漁場は既に日高沖に移っており、大不振のまま終漁を迎える可能性が高い。
 同振興局によると、管内7漁協の漁獲量合計は不漁だった前年をさらに下回る水準。主な漁協の水揚げは南かやべが53%減の1554トン、えさん(椴法華)が52%減の478トン、鹿部が40%減の2385トン、砂原が22%減の3462トンと軒並み低下。操業は続くが、2~3月で数量が大きく増えることはない見込み。
 数量減により、単価は13%高の1キロ115・3円となり、高い水準で推移した。漁獲金額は29%減の10億865万円。
 水揚げがあった日数(昨年10月~今年1月)は、前年比6回減の80回。10月はしけの影響で7回少ない16回にとどまったが、11月以降は前年並みの操業が確保できた。
 同振興局は「漁期の初めは魚が深みにいて、網が刺せなかった。その後は捕れる場所に魚が来なかった」(水産課)とみる。道総研函館水試の武藤卓志主査は「水温が高く、魚が渡島沿岸に寄らなかった。昨年11月の調査では、渡島沖の水深150~250メートルで平年より2度~4度も高かった。卓越年級群(生まれた魚が非常に多く生き残ること)の2005年生まれのスケトウが減り、資源状態が悪化していることも影響している」と話している。(山崎大和)

      経済・企業

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月24日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会