15年の桧山管内 漁獲量過去最低

 桧山振興局は、桧山管内の2015年漁業生産高(八雲町熊石地区を含む)の速報値をまとめた=別表。数量は前年比40%減の4772トンとなり、統計開始の1961年以降では過去最低。金額も同16%減の30億3300万円と、73年以降では最低の水準だった14年をさらに下回った。主力スルメイカの大不振が要因で、スルメイカに替わってナマコ(前年2位)が初めて金額1位となった。
 ひやま漁協から報告を受け公表した。スルメイカは、数量が60%減の1649トンと不漁で、金額も55%減の6億2000万円と大きく落ち込んだ。道東での漁獲は堅調に推移したが、桧山沖での漁場形成がうまくいかず「原因ははっきり分からない」(水産課)としている。
 一方、ナマコは14年の落ち込みから回復し、数量が22%増の115トン。単価も1キロあたり5942円と、6000円に迫る高単価を維持。金額は41%増の6億8000万円となり、金額1位に浮上した。
 ウニは数量で3%増の311トン、金額で13%増の4億4000万円。アワビも天候に恵まれ操業回数が増えたことから、数量で47%増の25トン、金額も60%増の1億3000万円と伸びた。
 サケは10月初めの低気圧の影響で定置網に被害が出て、操業期間を残し切り上げを余儀なくされる地区もあったが、数量は13%増の395トン、金額も31%増の2億円。タコは、数量が30%減の257トン、金額が35%減の1億5000万円と大きく減額した。
 スケトウダラはえ縄漁は、資源の減少傾向によるTAC(漁獲可能量)の削減に伴い、操業隻数を36隻から15隻に減らした。数量は40%減の504トン、金額は30%減の1億3000万円となった。(山崎大和)

      経済・企業

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月20日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会