函館新聞電子版

函館新聞電子版

函館
6時12時18時
天気

食料品と飲食融合 シエスタ地下1階商業ゾーン、道南中心に11店

     4月22日に開業予定の再開発ビル「シエスタ ハコダテ」(本町24)を手掛けるSPC函館本町開発(布村隆二社長)は16日、同ビル地下1階に整備する商業ゾーンの概要を発表した。統一したデザインのフロアで道南中心の11店が生鮮品やスイーツ、アルコールなどを提供。その場でグルメを味わえるスペースも設置し、食料品販売と飲食を融合した新たな施設で食の魅力を紹介する。
     床面積は約660平方メートル。「函館フードマーケットホール シエスタキッチン」と銘打ち、首都圏を中心に食料品店などを展開する「ディーン&デルーカジャパン」(東京)が監修し、フロア全体を洗練されたデザインに仕上げる。
     肉店「お肉のつしま」は、はこだて和牛をメインとした食材とカウンターでステーキを提供。「魚長食品」は新鮮な鮮魚や職人がその場で握ったすしを扱う。
     松前町の和菓子店「北洋堂」は函館初登場。老舗ベーカリー「キングベーク」や洋菓子店「プティ・メルヴィーユ」も出店するほか、ワインショップやアジア料理の総菜店、カフェなどが並び、共有のイートインコーナーは約40席を用意する。
     布村社長は「都会的な雰囲気の中で地元店が食を紹介する、今までにない形のフードコミュニティー。他の地方都市のモデルになるようにしたい」と意気込む。シエスタの1~3階では、東北以北で最大級となる「無印良品」が同日にオープンする予定。(山田大輔)

        経済・企業

        最新記事

        3月29日の天気

        函館新聞 電子版 お申込み
        ご購読申し込み月は無料

        函館新聞宅配購読お申込み

        お試し(1週間)もございます。

        フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

        ニュースカレンダー

        紙面ビューア

        函館新聞紙面

        3月29日の紙面

        紙面ビューア

        デジタル紙面を見るにはログインする必要があります。

        ハコラク
        名産市場