本道と北東北6都市周遊パス発売 バスとフェリーで「スローな旅」

 岩手県北バス(盛岡)などバス事業者5社とフェリー会社2社は12日、高速バスとフェリーを乗り継いで、北海道と北東北の6都市を周遊するパス「俺の旅・北のまちキップ」を発売した。「安くてスローな旅」をコンセプトに掲げ、時間に余裕がある学生やシルバー世代を中心とした旅行客の需要取り込みを狙う。
 岩手県北バスはこれまで、札幌―盛岡間の交通手段として、バスとフェリーの片道チケットをセットにした「札幌・盛岡なかよしきっぷ」などを販売。「3月の北海道新幹線開業を契機に、北海道と北東北の観光交流人口を増加させたい」(同社)として、道内と東北を結ぶフェリーを運航する川崎近海汽船や津軽海峡フェリーなど関係事業者と連携し、周遊パスの販売に乗り出した。
 パスは盛岡・青森・八戸のいずれかをスタートし、バスとフェリーを使って右回りか左回りで函館・札幌・苫小牧の各都市をめぐり、一周するというもの。有効期限は最大2カ月。同社の担当者は「最短3日間の弾丸ルートや、各地での滞在をゆっくり楽しむ旅行など、思い思いに楽しんでほしい」とPRする。
 利用期間は第1シーズンが12日~3月31日、第2シーズンは5月中旬~7月中旬を予定。料金は1万3380円(税込み、大人のみ)で、バスとフェリーを使った通常運賃よりも3割程度安く利用できる。問い合わせは同社(☎019・641・1212)へ。(山田大輔)

      経済・企業

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月20日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会