• 採用情報
    函館新聞社

知内で一番ニラの収穫盛ん

 【知内】ニラの生産量が北海道一を誇る知内町で、「一番ニラ」の収穫が盛んに行われている。ビニールハウスでみずみずしく育ったニラは、生産者が鎌で丁寧に刈り取ってきれいにし、包装して函館など全道各地の市場へ出荷する。
 知内産ニラ「北の華」は、葉の幅が広く肉厚で甘味がある。この味の良さや“顔の見える野菜”と呼ばれる徹底した品質管理で、町特産品として道内外から人気を集めている。昨年は、5年ぶりに販売額が最高額を更新し、初めて11億円を突破した。
 知内町ニラ生産組合(大嶋貢組合長、組合員71戸)では4日に一番ニラの収穫を開始。町上雷の宮下進也さん(40)のハウスでは7日から、生産者10人ほどが出荷作業を行っている。ハウス内の室温を15度に保つ「加温栽培」で、ニラを約50センチまで成長させ、一束一束刈り取っていく。
 3~5月の最盛期には、1日の収穫量がピーク時で700キロまでにも及ぶという。宮下さんは「昨年は天候の影響が少なく、出来の良いニラになった」と話している。(斎藤彩伽)

      経済・企業

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月15日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会