作柄良好で僅少被害 15年産水稲、小麦、畑作物保険支払額

 道南NOSAI(北斗市東前、橋本清一組合長)は、2015年産水稲、小麦、畑作物の共済金(保険)支払額をまとめた。15年支払額は、前年比1293万円増の2531万円。小麦(秋まき、春まき)の被害がやや目立っただけで、総じてどの作物も作柄良好で僅少被害で済む見通しだ。
 水稲の支払額は8戸839万円。作況指数は渡島、桧山とも101の「平年並み」となった。
 小麦は秋まき、春まき合わせ支払額は28戸1367万円。収穫期の天候不順で細麦などの品質低下が発生した。金額被害率(最大補償額に対する共済金の占める割合)は3・9%。
 畑作物では、ジャガイモ(加工、種子、食用)は仮渡し1回目が9戸172万円、2回目は調査中で3月に支払う。大豆も調査中で3月に支払う予定。小豆の支払額は7戸152万円。ビート、生食用トウモロコシ、カボチャ、ソバは調査中で2月に支払う見込み。風害が発生したビートは森町で被害が深刻で、播種(はしゅ)や移植をやり直す事態となった。
 木村隆農作部長は「15年産は小麦の被害がやや目立ったものの、総じて作柄は良好だった。現在調査中の畑作物も大きな被害にはならない見通し」と話す。
 NOSAI(農業共済組合)は、農作物被害や家畜疾病にあたって農家を支援。農家が支払った掛け金を原資として自然災害で被害に遭った場合、程度に応じて共済金を支払う。国も掛け金を補助している。(山崎大和)

      経済・企業

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月26日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会