• お知らせ
    台風災害義援金受付
  • 採用情報
    函館新聞社

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽しめる企画が数多くあり、大勢の家族連れでにぎわっている。16日まで。
 金森赤レンガ倉庫の30周年記念事業として昨年実施し、3日間で3500人以上を動員した人気のイベント。再度の開催を望む多くの声を受け、今年も開催が決まった。
 会場にはジオラマ製作集団「ぺたぞう電車王国」による、プラレールの巨大展示物が登場。パーツを1万点以上使った、高さ約2メートルの大型ジオラマがフロアの中央に設けられ、来場者が縦横無尽に駆け回るプラレールに目を奪われていた。
 このほかにも電車の疑似運転やJR北海道のPRブース、道南いさりび鉄道のオリジナルグッズ販売などが行われ、電車や列車の魅力を満喫していた。祖父と訪れた七重小学校2年の渡貫奏斗君(7)は「電車の運転がすごく難しかった。プラレールの展示などたくさんあって楽しい」と笑顔だった。イベントは午前10時から午後6時まで。(野口賢清)

      イベント・セミナー

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      お知らせ

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      Moora