• 特集
    夏の高校野球
  • 2019年版公開
    写真プロジェクト
  • プレゼント
    花火大会観覧席
  • 採用情報
    函館新聞社

「特等席」で眺めを満喫 市電運転体験会に30人参加

 函館市企業局交通部は13日、駒場車庫で市電運転体験会を開いた。午前、午後の合計で約30人が参加。車両を走らせながら、めったに座ることができない運転席からの眺めを満喫した。
 10月14日の「鉄道の日」にちなんだ恒例イベント。毎年全国から応募があり、リピーターも多い人気企画で、今年は関東などから参加があった。
 参加者は「アミューズメントトラム501号車」で操作方法や機器の取り扱いなどを学んだ後、530号車に移り、シミュレーションを実施。続いて8004号車を使用し、構内の約100メートルの直線区間で実際に運転を体験した。
 初めて参加した遺愛女子高校1年の田村萌さん(16)は「小学生の頃から電車に乗り、運転士にあこがれていた。意外と速いスピードが出て操作が少し難しかったが、楽しかった」と笑顔で話した。(山田大輔)

      イベント・セミナー

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      大学進学説明会2019